SSブログ

第16回年次大会 発表申し込み締め切り迫る [年次大会]

先だってお知らせしましたように、2015年度の年次大会(第16回)は下記の日程・会場で開催されます。

日時: 2015年9月12日(土)・13日(日)

会場:青山学院大学(東京都渋谷区渋谷4-4-25)

発表申し込みの締め切りは 6月30日(火) です。
(対応済みですが、6月22日現在、学会ウェブサイトの表記に一部誤りがありました。ご注意ください。)

発表申し込みには、以下の2点が必要です。
①発表題目と要旨(和文800字以上1000字まで、英文300語以上500語まで)
②発表者の氏名、所属、連絡先、略歴

詳細は学会ウェブサイト http://jaits.jpn.org/home/nenjitaikai.htmlをご覧ください。


日本通訳翻訳学会第16回年次大会のご案内(日時・会場) [年次大会]

日本通訳翻訳学会第16回年次大会の場所と日程が決定しましたので、
取り急ぎ、お知らせします。



日時 2015年9月12日(土)、13日(日)

場所 青山学院大学(渋谷キャンパス)17号館




発表申し込みの詳細につきましては、

近日中に学会ウェブサイトおよび会員メーリングリストにてお知らせします。
また、大会プログラムにつきましては、8月中に確定したものをお知らせします。

日本通訳翻訳学会事務局・大会実行委員会


第15回年次大会のお知らせ [年次大会]

日本通訳翻訳学会第15回年次大会は、2014年9月13日(土)、14日(日) に愛知学院大学で開催されます。大会プログラム(スケジュールおよび予稿集)、参加申し込み方法、会場へのアクセスなど詳しい情報は以下をご覧ください。

http://jaits.jpn.org/home/nenjitaikai.html 


第14回年次大会のお知らせ [年次大会]

9月7日と8日に神田外語大学で開催される第14回年次大会のプログラム(スケジュール)と発表要旨集を以下にアップしました。

  日本通訳翻訳学会(JAITS)Web


第13回年次大会のお知らせ [年次大会]

9月8日と9日に京都橘大学で開催される第13回年次大会のプログラム(スケジュール)と発表要旨集を以下にアップしました。

学会ウェブサイトの大会関連のページからも入れます。


プログラム(アクセス、会場案内を含む)

発表要旨集(予稿集、シンポジウムを含む)


年次大会発表申し込み締め切り [年次大会]

会員の皆様。第13回年次大会の発表申し込み締め切りが7月15日に迫っております。発表予定の方はお急ぎください。申し込みの手順やそのほかの詳細についてはこちらをご覧ください。(事務局:大会実行委員会)


第12回年次大会の詳細 [年次大会]

9月10-11日に開催される第12回年次大会の詳細をアップしました。ポスターをごらん下さい。プログラムと発表の要旨(基調講演を含む)が読めます。参加希望者はポスターの下の方から申込書をダウンロードし、事務局までメールでご連絡ください。

プログラム
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jais/12thTaikai/schedule12.pdf
発表要旨
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jais/12thTaikai/abstracts12.pdf


大会発表募集中 [年次大会]

第12回年次大会の発表申し込みの締め切りが迫って参りました。
今年の申し込み締め切りは7月15日ですので、お間違えのないようにお願いします。
申し込まれる方は以下の発表申し込み要領をご覧の上、そのページの最下部からダウンロードできる申し込み用紙に書き込んだうえ、事務局までお送りください。

日本通訳翻訳学会事務局事務局
水野 的
secretariat@jais-org.net
a-mizuno@fa2.so-net.ne.jp
....................................

大会ポスター
http://jaits.web.fc2.com/index2011.htm

発表申し込み要領
http://jaits.web.fc2.com/2011-proposalsubmission.htm

大会発表資料のダウンロード [年次大会]

第11回年次大会は成功裡に終了しました。参加者の皆様とスタッフの皆様に感謝します。

12日のA-5の染谷泰正さんの発表資料が全員に行き渡りませんでしたので、以下からダウンロードできるようにしました。ご利用下さい。

発表用資料
分析シート

第11回年次大会の詳細 [年次大会]

9月11-12日に開催される第11回年次大会の詳細をアップしました。ポスターをごらん下さい。プログラム基調講演1基調講演2発表の要旨が読めるようになっています。